スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

旅の動画〜佐田岬メロディーライン〜

   チャリ旅の間、

本当に時々ですが、動画を撮影していました。

ゆとりがあるときデジタル一眼K-5。

ないときはスマートフォンIS04を使って、文字だとうまく伝わらない部分を撮りました。



旅先ではアップできなかったので、

時系列にそって
これからちょこちょこ公開していきます!



さて、第一弾は「佐田岬メロディーライン」です。

鹿児島の人、

「あ?佐多岬行ってないじゃん。」

と思いました?



違います。

愛媛県の佐岬です。

西に向かって びよーーんって伸びてるとこです。

佐田岬

雨と靄の中、
道の駅が一軒あるだけの寂しい道のりの
唯一のオアシスがここでした。

耳を澄ませて見てください!聞こえるはずです、


み〜かん〜のは〜なが〜 さぁ〜いて〜いる〜(みかんの花咲く丘)


一発目にしてはコネタな感じがありますが。
動画はどうぞ、

こちらから(you tubeです)




旅の動画〜シアターブラッツ〜

 まさに今!

キングオブコント2011を戦っている「ラブレターズ」!
塚本家の期待の星☆塚本なおきのいるコントグループです。

その応援にはならないと思いますが、
むしろイメージダウンになりかねませんが!

チャリ旅中、東京で見た
ラブレターズを含む4組の芸人によるライブ!
「環八フルスイング」
の模様を少しだけ公開します!

“メンバーの中で一番運が悪いのは?”
という戦いで、ワースト2まで勝ち残ってしまった塚本なおき。
ビリ決定戦は、

バズーカ型クラッカー顔面発射対決です!

さて、勝つのはなおきか、もう片方の人か?


では、ご覧ください(←こちらをクリック)!!





旅の動画〜静岡・大井川鉄道の名物車掌さん〜

 
ラブレターズ、皆さん見ていただけましたでしょうか?

「西岡中学校〜♪」

ね、松本人志も歌ってくれました。
浜ちゃんが塚本なおきの坊主頭を空降りました。
元ネタの曲を歌ってるZeebraも絶賛!!というわけで、
じわじわと、話題になることを願っております。

さて、旅の動画、第3弾です。
なおきのキングオブコント出場に合わせて
東京の動画を先にあげたので、順序が逆になりますが
今回は

「静岡・大井川鉄道の名物車掌さん」


我らが塚本総本家のある静岡県島田市には、
南アルプスから流れ、駿河湾につながる一級河川・大井川があります。
それはそれは大きな川で、橋が架かる前は渡るのも一苦労。

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われたそうです。

そんな大井川に沿って走っている鉄道、それが大井川鉄道です!
なんと蒸気機関です!



ええでしょう。
鉄男でなくともモえます。

この蒸気機関車に添乗されている車掌さんが、今回の動画の主役。
見事なハーモニカの演奏を聴かせてくれます。
曲の合間のちょい寒トークも、チャリ旅中なら暖かい心で聞けました。
それも含めて旅の情緒。

すてきな列車の旅の立役者、車掌さんの勇姿をどうぞご覧ください!

旅の動画はこちらをクリック(you tubeにつながります)!




旅の動画〜旭山動物園より〜

 さて、

旅の動画、ぐぐっと北上しまして
もう北海道です。

なんなら、往路は今回で最後です・・・。

北海道と言えば、そう、旭山動物園です!
たくさんの動物がおりますが、
今回はペンギンと白熊をご紹介します!

あれ?アザラシは?あの円柱の水槽をスイーっと泳いでる・・
と思われるかもしれません。
すいません。 撮り忘れました。



写真をね、載せておきます。

では、ペンギンと白熊です。
どちらも水中!
白熊の犬かき、これはなかなか見れませんよ、きっと!

では、こちらからどーぞ(you tubeにつながります)!

○ペンギン

○白熊





旅の動画〜弘前ねぷた祭り〜

 ご無沙汰しております。
更新が途切れてしまい申し訳ありません!

旅の動画、復路に参ります。

北海道に上陸してから脱出するまで約3週間。
ほかの都府県の滞在時間が1〜2日間なのに対して
異常なほどに長い滞在期間です。
自転車の漕ぎやすい気候、ライダーハウスやキャンプ場が充実していて
旅行しやすかったこともありますが、
やはりそれ以上に広かったこと。
でっかいどーっぷりを、身をもって体感しました。

ようやく北海道を脱出し、青森は八戸に到着したとき
「タイムロスを取り戻すため、ペースをあげるぞ!」と心に誓いました。

が、次の日には誓いを破棄することになります。
チャリ旅における、 “東北地方祭りブーム”の到来です!

今回見ていただくのは、このブームの火付け役、「弘前ねぷた祭り」です!

(3Dカメラ発見!)


(超大太鼓!)


(扇形が弘前ねぷたの特徴です!)


この祭りを見学したことで祭りにハマり、その後

「青森ねぶた祭り」
「五所川原たちねぷた」
「秋田竿灯祭り」

と進路を祭りに合わせることになります。

それぞれの祭りで共通するのは、
ズバリ “熱気”

祭りの準備から徐々にボルテージが上がっていく感じ。
始まる前から街全体がそわそわしている感じ。
街を練り歩く巨大なねぷた、お囃子や太鼓のパフォーマンス。
老若男女、みんなが祭りを楽しみ、愛している。

それはそのまま、
「どれだけ自分の住む街を愛しているか?」
という部分に直結しているような気がして、
鹿児島(あるいは自分自身)にこの“熱気”があるだろうか、と
考えてしまいました。

動画でこの熱気が、少しでも伝わるといいのですが・・・


それでは!
「弘前ねぷた祭り」はこちらをクリック(you tubeにつながります)!



旅の動画〜青森ねぶた祭り〜

 
さて!

今回の旅の動画は青森ねぶた祭りです!
前回は弘前のねぷた祭り。一般的に有名なのは、今回の青森ねぶた祭りです。

ちなみに、ねぶた と ねぷたは、方言の違いみたいなもので、
特に深い意味はないそうです(地元のおじさん情報)。


せっかくだから通ってない場所へと思い、
函館→青森行きのフェリーをさけ、八戸に上陸したのに
2日後には結局青森入り。
それもこれも、この青森ねぶた祭りを見るためです!

全国からたくさんの参加者が集うこのお祭り。
中にはバイクやキャンピングカー、自転車で青森入りする人も多いため、
青森港の近くに臨時キャンプ場が設けられます。
僕もこのキャンプ場を利用したのですが、
見モノだったのはバイクでお祭り会場に向かう人たち。
お祭り使用の派手な着物に身を包み、バイクにまたがってキャンプ場を出て行くんです!

ぽかーんとしちゃって、シャッターを押すのを忘れてしまいました。
すみません。


さて、全国からの参加者は、何しに祭りに来ているかというと、
ずばり踊りに来ているんです!
衣装さえ来ていれば参加自由!それが青森ねぶたのいいところです。

動画で、その踊りの熱気が伝われば幸いです。
それでは、青森ねぶた祭り、


こちら

こちらをクリック(you tubeにつながります)!



・・・ぜんぜん関係ない話ですが、

祭りからキャンプ場に戻り、
水汲み場で歯磨きしているときに、静岡県六合出身の人に出会いました。
塚本家、父方の実家のある静岡県島田の隣町です!

「えぇ〜!まじすか!世間は狭いですねー」

と、一瞬話が弾みかけたのですが、隣の兄さんがTシャツを脱ぎまして。
その背中を見てびっくり!背中一面に、ねぶたの山車も真っ青の入れ墨が!

「立派な彫りもんですね〜!」

「そっちの人ちゃうで。ただの趣味や」

あっという間に興味は兄さんの背中に持っていかれ、
同郷話はそれっきり。

ま、それだけの話なんですが・・・。

以上、青森こぼれ話、でした。



ではまた!




旅の動画〜五所川原たちねぷた〜

 青森祭り巡り、最後は五所川原です。

五所川原の祭りは見ていかないと損だ。」

地元のおっちゃんらが口を揃えて言っていました。
見て納得。
あの迫力は、一度は必ず見るべきです!

なんてったって、全長23mです!
そんなドでかい山車が片側一車線の小さな商店街を通過するんです!
かけ声も「やってまーれ!」ですよ。
なんて好戦的な!
夏の旅行は青森・五所川原。本気でお勧めします。


五所川原では、いい出会いもありました。
ライダーハウス「ねぶた館」のオーナーさん。
祭りの会場まで車で送迎、
帰りには温泉に連れて行ってもらい、
そのあと深夜まで一緒に呑みました。
しかも地元産のりんごを使った、添加物なしのジュースが飲み放題!

「五所川原を盛り上げる手伝いがしたい。」

そうおっしゃっていました。
おかげさまで五所川原に到着した8月4日は、
“チャリ旅で印象深かった1日 ランキング”のベスト5には入ります。


一緒に泊まった人たちも
年が近くてしゃべりやすくて、とてもいい人たちでした。
旅行中の出会いってトランプのポーカーみたいなもので、
いい人がいれば、そりの合わない人もいて、
たとえいい人が集まっていても、輪になることはない、
そんなことが多々あります。

オーナーさんを含めた8月4日の5人は、
「フルハウス!」
そんな感じでした。


さて、そんな楽しい一夜を過ごせたのも、
五所川原たちねぷた祭りが素晴らしかったから。
このお祭りでもらったパワーを肴に呑んだんですから。

動画は2つ!

こちら

こちらをクリック(you tubeにつながります)!






旅の動画〜秋田・竿燈祭り〜

 五所川原の夜。
ひとしきり呑んで、おのおのざこ寝を始めた頃・・


K「このあとは、どこを回るんですか?」

自分「えーと、明日は午前中に金木へよって、そのあと秋田へ降りるつもり。」

K「おー、じゃあ竿燈(かんとう)祭りも見れるといいですね。」

自分「カントウ祭り?(東北なのに関東って・・何言ってんだKさん)」

K「東北三大祭りの一つですよ(なんやコイツ知らずに旅してんのか)。」

自分「え、あ、ふ〜ん(お!分かんないけど祭りがあんのか?やった!)
   ・・・で、いつまでなの?」

K「たしかあさってまでですね、チャリではキツいですかね?」

自分「そうだね、金木にもよらなきゃだし、間に合ったら見るよ(絶対見る!これであさってのブログの心配はなくなったな)。」


という会話がありました。
僕みたいに地理にめっぽう弱く、地域の名物、名勝、外せない観光スポットなどを
全く知らない人間にとって、こうやって出会った人が教えてくれる情報というのは
とってもありがたいものでした。
話しかけられて、「○○はもう行きました?△△は?」とか聞かれても、
「は?」という顔をしてしまって、ガッカリされちゃう、ということも多かったですが・・。

北海道でも、スマホで調べたライダーハウスやキャンプ場の情報以上に、
一緒に泊まった人から得た情報のほうが生っぽくてリアルで、
かつ詳細なのでよく参考にさせてもらってました。
東北祭り巡りも偶然出会ったおっちゃんとの会話からスタートしてますし。

そんなこんなで見に行った竿燈祭り。
2日間で200km以上漕ぎ、ケツをズル剥けにしながらも
なんとか間に合った思い出深い祭りです。

無数の提灯をぶら下げた竿燈を、絶妙のバランス感覚で持ち上げる。
それが何基も宙を舞う。
パフォーマンスの素晴らしさ、風景としての美しさ、どちらも楽しめます。

今回も動画は2つ!

その 米場の様子)と、

その◆粉氾が舞う様子)です(クリックでyou tubeとつながります)!



旅の動画〜千里浜なぎさドライブウェイ〜


 千里浜なぎさドライブウェイ
石川県、能登半島の付け根あたりに位置し、全国的にも非常に珍しい道路です。


他の道路と何が違うかというと
天然の砂浜が、そのまま道路として使われている、という点です!
オフロード車じゃなくたって、四駆じゃなくたって、
もちろん自転車だって、すいすいと走ることができます。


僕が通りかかった日は晴天にも恵まれていて
たくさんの海水浴客が訪れていました。
この場所ならではですが、
波打ち際から数メートルの所に車を止めて、目の前が海!です。
車のトランクのドアを日よけにしてバーベキューをしてみたり日光浴をしてみたり・・・。
実にうらやましかったですねぇ〜。



そんな様子はいっさい映っていない動画ですが。
砂浜を、僕は走っているっ!という感動が伝われば幸いです。


では、
千里浜なぎさドライブウェイはこちらをクリック(you tubeにつながります)!




旅の動画〜関門トンネル〜

 
いよいよ関門トンネルです。


下関と門司をつなぐ、人と自転車のためのトンネルです!

九州を離れて2カ月半。
ようやく帰ってきたふるさとの地。

下関から九州を見たとき、感動しました!
正直、宗谷岬に着いたときよりジンときました。



関門トンネル、1kmに満たない短いトンネルで、途中に県境があります。

海上の県境を踏める、数少ない場所です。


ちょっと面白いなと思ったのは、地元の人がこのトンネルをウォーキングコースとして利用していること。

歩いた距離も分かりやすいし、門司も下関も良いとこですもんね。
歩いた先でおいしいもん食べたり景色を眺めたり。
地元の人ならではの楽しみ方。うらやましい限りです。


今回の動画は、下関側からエレベーターで地下に降りトンネルに入るまで。
こちらをクリック(you tubeにつながります)


| 1/2PAGES | >>

塚本 靖己

鹿児島県鹿児島出身。
錦江湾高校から鹿児島国際大学へ進学。保育士の道を志すも、免許も取らずに卒業。
卒業後は〈有限会社クラウド〉に入社。高校時代から愛読していた地元情報誌「CROWD」の編集に携わる。5年間勤務した後、2011年5月20日、退社。
同年6月6日、日本縦断を目標としたチャリ旅を開始。

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページに表示中の記事

カテゴリー

アーカイブス

このブログ内を検索

リンク

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM